2009年12月16日

迫真のおまうちゅ

12/13(日)、金山ブラジルコーヒーにて。上映された4本の映画はどれも驚くほどに素敵でした。


ジェット氏が出演していた「チャチャチャ」が予想以上に良くて、びっくりしました。
西村さんのダンスもかっこよかったし。
「観るの3回目だけど、どんどんよくなるな〜」とジェット氏も自らの出演作にご満悦の様子。

その他の3本の中で、特によかったのが「多摩川暮らしの手帖」。
妻・猫との3人家族。多摩川住宅在住。
オールナイトニッポンの語りで、淡々と、すべての刹那を大切に切り取る感じ。
なんだかじんわり涙が出そうになりました。幸せな映像でした。
監督の内村茂太さんに、是非会ってみたいです。

そして寸劇、お前は宇宙に死ぬ アウト ダ フェ!!
出だしは唐突に始まったぐちの奇妙な笑い声から。ぐちの声、自然な演技はゾゾッとするほどリアルな狂気を感じさせます。はじめは笑いもあってリラックスして観ていたのですが、話はどんどんと複雑に、シリアスに発展していく・・・。

そこへジェット氏登場。ポッケに手なんか入れちゃって、なにやらかっこつけています。謎のサラリーマン役。
次々と殺されて行く仲間達。。もしかしたらアノ事がバレてしまうかもしれない!?↓
R0011391.JPG
謎のババから、ママのことを必死に聞き出そうとします。↓
R0011392.JPG

謎のババ役の西村さんはサスガ!不可解な呪文のような台詞も一言一句記憶したそう・・・。
あと、写真は撮れなかったけれど星君の迫真の演技が本当にスゴかった!!
ある意味、この日NO.1の輝き!
おまうちゅは、絶妙なバランスで進み続けるドミノのような集団です。

ジェット氏の鬼気迫る演技からの、まさかのラスト↓
R0011395.JPG



燃焼しきり横たわる3人の男。そこに響く低く暗い不気味なメロディ。
「あ〜ああ〜ああ〜あ〜」
もう、完敗です。乾杯。宣言通り、ものすっごくコワかったけれど、なぜか大爆笑のエンディング。


この日の夜の闇は、いつも以上に深くて暗いと感じてしまうような、言葉に表せない濃〜い余韻が残りました。


お越し下さった皆様、どうもありがとうございました。


posted by ジェット達 at 17:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャチャチャの佐藤です。

イベントでも映画でも本当にありがとうございました!

お前は宇宙で死ぬ、本当に怖かったです。
というか、西村さんは本当に映画が好きなんだなあと思いました。
寸劇を見ているとき色んな映画が頭をよぎりました。

また、是非これからもよろしくお願いします!
Posted by 佐藤良祐 at 2009年12月21日 10:02
佐藤君お世話になりました。
またやりましょう、公一氏は練習の時点で顔が面白過ぎて困りました。
Posted by ジェット達 at 2009年12月23日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。